介護保険制度ご利用について

介護保険制度 対象者

65歳以上の方(第1号被保険者)
要介護 または 要支援状態になった場合
40歳から64歳の医療保険加入者(第2号被保険者)
老化に起因する特定疾病により、要介護 または 要支援状態になった場合
※健保組合、全国健康保険協会、市町村国保などの医療保険
40歳で資格を取得し、65歳になるときに第1号被保険者に切り替わります。
特定疾病
がん(末期) 関節リウマチ 筋萎縮性側索硬化症 後縦靱帯骨化症
骨折を伴う骨粗鬆症 初老期における認知症 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
脊髄小脳変性症 脊柱管狭窄症 早老症 多系統萎縮症
糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症 脳血管疾患 閉塞性動脈硬化症
慢性閉塞性肺疾患 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

要介護(要支援)認定手続きの方法

1. 申請

市区町村の窓口 または 地域包括支援センターで「要介護(要支援)認定」の申請を行ってください。
申請の際、第1号被保険者は「介護保険の被保険者証」「申請書」「主治医意見書」
第2号被保険者は「医療保険の被保険者証」「申請書」「主治医意見書」が必要となります。
主治医意見書 について
主治医がいない方は市区町村指定の医師の診察を受診し、申請書に必要事項を記入してください。

2. 要介護認定の認定調査

調査員による訪問調査が行われます。
認定調査員がご自宅を訪問し、心身の状況について本人やご家族から聞き取りなどの調査が行われます。

3. 審査

調査認定や主治医意見書などを基に、介護の要不要 また 介護が必要な場合どのくらいの介護が必要か等の判定が行われます。

4. 認定

認定結果が通知されます。(原則、申請から30日以内)

介護サービス対象範囲

住宅改修ご案内ページ 販売品ご案内ページ レンタル品ご案内ページ